【重力】

snddst.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 04日

ナイトAFクエスト1「剣に磨きをかけて」&サンドリアクエスト「貴き血流れて」

ちまちまソロ上げしているナイトがようやくレベル40になりましたので、さっそくAFクエストのひとつめ、「剣に磨きをかけて」をやってきました。
…あれ、ちょっと前に似たようなこと書いたなぁと思ってさかのぼってみたら、数日前の日記の出だしとほぼ一緒、ジョブ名とクエスト名が替わっているだけでした。

※ 以下、無駄に長い話がだらだらと続きます。(ぉ

このクエは北サンドリアお城前の広場にいるアイルベーシュ(Ailbeche)くんからのオファーとなります。
アイルベーシュくんと言えばサンドリアのクエスト「父と子」で迷子になっている少年ですね。
あの時は彼に代わって探し出してあげたお父さんが少年を叱りつけ、少年がもらうはずだった釣竿をわたしが受け取ったところで終わりでした。
FF11を始めてすぐの頃(6年ぐらい前)にやったクエストの内容を忘れっぽいわたしがなぜかくも詳細に覚えているかというと、去年でしたか、サンドリアに作ったいくつかの倉庫キャラで名声上げのためにこのクエを数回クリアしたからなのでした。

で、アイルベーシュ少年に話しかけたところ、「ヤナギの釣竿がないと…」とか言い出しますよ。
案の定、もらった釣竿を少年に渡していなかったようです。
ですがこんなこともあろうかと、倉庫キャラのうちのひとりが釣竿を手元に残していましたので、それをメインキャラに送って少年にカカッとトレード、もう一回話しかけて無事に「剣に磨きをかけて」発生です。

続いて南サンドリアのソバーヌ(Sobane)さんから「刃物にはやっぱりオルデール砥石!」という話を聞くのですが、続けて話しかけたところ、セルビナだのルーヴランスだのと言い出します。
何かと思って調べてみたら、オファーリストに残っているクエスト「貴き血流れて」の依頼者がソバーヌさんらしいです。
どうやら途中まで進めて放置していた模様。
ナイトAFクエと同様、オルデール鍾乳洞に行かねばならないらしいので、この際ですから一気にやってしまおうと思い立ちまして、まずはセルビナへれっつ・ら・ぎー!です。

セルビナの地図おじいさんに話しかけて、オルデールの地図を作ったおっさんがどうとか娘が本を破り捨てたとかいう話を聞いてからオルデールへと向かいます。
オルデールは個人的に大変懐かしい場所で、以前はよくここに篭ってスライムを殴ったりキノコやモルボルを狩ったりゴブから銀貨を盗んだりしたものです。
モルボルガー狙いで数日間篭りっきりだったこともありました。

かなりひさしぶりなので、地図帳を開きつつ奥へ奥へと進みまして、まずはAFクエストのエレメンタルをしばきます。
モ/シで行きましたので無想無念を使って瞬殺、オルデール砥石をゲットです。
続いては箱のカギとり。
ゴブやらスライムやらを殴っていたら割とすぐにドロップしたのですが、肝心の箱がまるで見つかりませんよ!
ここのマップは一度段差を下りてしまうと、奥に行くには一度入口近くまで戻らなければならないという実にめんどくさい構造。
引っかかってなかなかのぼれない段差にギギギ…となったり、イライラが募ってそこらにいるゴブに八つ当たりしたりしつつ、ようやくChestを発見、だいじなもの「幻の数ページ」をゲットです。
グルグルまわるついでにモルボルガー部屋にも立ち寄りましたが、ガー様は沸いていませんでした。

セルビナに戻って地図おじいさんに「幻の数ページ」を渡したところ、ガッツリ食いついてくれまして、かわりに誰かの行方について教えてくれました。
教えてくれたのですが、なにぶんクエストの前半部分をやったのがだいぶ昔のことで、どんな話だったかまるっと忘れているため誰に関する情報なんだかさっぱりわかりません。
アタルフォーネ盗賊団がどうとか言っていたような気もします。
しかし箱さがしですっかり疲れてしまって眠かったので深く考えないことにして、サンドリアへ歩いて戻り、ソバーヌさんに報告して終了です。
続けてアイルベーシュ少年に砥石を渡し、本来の目的のナイトAFクエもクリア、オナーソードをいただきました。
VITが2増える優れものです。

ソバーヌさんのクエストは続きがありまして、「卑しき血流れず」というクエストなのですが、相変わらず話がわからないままにこちらもオファーをいただきましたので、これ以上忘れてしまわないうちに終わらせてしまいたいものです。
そしてここまで読んでくださった親切なお方にお願いします。
この連続クエはいったい何についてのお話なのかを、どうか教えていただけませんでしょうか(;´д⊂)
[PR]

by snddst | 2009-10-04 00:00 | ミッション・クエスト


<< アポリオンSW      アポリオンSE >>